/

熊本城大天守を報道公開 21年春に一般公開へ

2016年4月の熊本地震で被災し、修復工事中の熊本城大天守内部を、熊本市が14日、報道陣に公開した。展示の整備を進め、21年春の一般公開を目指す。

内部が報道陣に公開された熊本城大天守(右)((14日、熊本市)=共同

市によると、大天守は外装の修復を終え、内装作業もほぼ完了しているという。内装や展示を一新。耐震化に加え、バリアフリーを重視し、車いすの見学者のためのスロープやエレベーターを設置した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン