/

コロナ入院、診療報酬増額 医療提供体制を支援

厚生労働省は14日、新型コロナウイルス感染症の入院患者を治療する病院が受け取る診療報酬を引き上げると決めた。酸素の投与が必要な中等症患者の1日あたりの入院基本料を1万9千円上乗せし、7万円程度にまで増やす。

中等症患者への入院治療で病院が受け取る基本料は、1床あたり1日約5万円。院内感染対策や急速な病状の進行に備えた医療が必要として、すでに本来の2万円前後に3万円を特例で加えている。今回は呼吸不全の患者には他職種が連携して手厚い診療が求められているなどとして、さらに1万9千円を上乗せすると決めた。

財務省によると2020年度第2次補正予算の予備費から10億円程度を使う。あわせて患者引き受けに備えて空床を維持した場合に病院が受け取る支援金を増額することも発表した。予備費は総額で1兆6千億円規模で、15日に閣議決定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン