/

この記事は会員限定です

横浜・中華街に食べ歩き向けの新業態 老舗の江戸清

[有料会員限定]

横浜中華街の江戸清(横浜市)は16日、中華まんの新業態「横濱豚包(よこはまトンパオ)」を開業する。手のひらサイズの中華まんを店頭で手作業で調理し、提供するのが特徴だ。中華街での食べ歩きや、総菜需要などに対応した新ブランドとして展開する。

看板メニュー「豚包」(1個110円)や「牛包」(同120円)などを製造販売する。店内であんを手でくるみ、蒸したてを提供する。天然酵母を用いた生地などを使い、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません