/

この記事は会員限定です

キリンのマーケティング改革 ビール首位奪還への道

復活 キリンビール(1)

(更新) [有料会員限定]

キリンビールが復活した。負け戦が続いていたビール系飲料市場で、2020年上期(1~6月)にアサヒビールを抜き11年ぶり首位に立った。15年1月に就任した布施孝之社長(60)が社内に染みついていた「負け犬根性」を払拭し、顧客本位のマーケティングを徹底する。ビール離れや新型コロナウイルス感染拡大といった難題が多いなか、キリンはどんな変化をとげたのか。

キリンがきた。ライバルがこう警戒するのが10月6日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2519文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

復活 キリンビール

ビール業界の盟主といえば、かつてはキリンビールだった。だが、アサヒビールの「スーパードライ」登場後は負け戦が続いていた。2020年上期、キリンがきた。ビール系飲料市場でアサヒを抜き11年ぶり首位に立つ。復活の道を追う。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン