コロナ禍の日常 アートに映す
マスクに思いを刺繍、「触れる」問う展示

カバーストーリー
2020/9/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

白いマスクに縫い付けられた「WHO SAID SO?」の文字。古い工業用ミシンで刺繍(ししゅう)作品を制作する青山悟は東京などに緊急事態宣言が出される直前の4月4日、「Everyday Art Market(EAM)」というプロジェクトを始めた。日常が非日常へ変わる中、日々の思いをマスクやゴム手袋などに刺繍してネットで公開・販売し、購入者に自ら郵送するものだ。

美術館やギャラリーが活動を止め、自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]