京都市が9月補正予算案 文化活動への補助など

2020/9/14 17:30
保存
共有
印刷
その他

京都市は14日、539億円規模の9月補正予算案を発表した。新型コロナウイルスで市内での活動を制限されている文化事業者向けに、活動再開に向けて1億7千万円の予算を確保した。劇場やギャラリーなど公立施設の使用料を上限40万円で半額を補助するほか、舞台稽古や映画撮影での感染防止用のフェースシールドや空気清浄機などの経費について上限50万円で半額を補助する。

京都市は539億円規模の9月補正予算案をまとめた(写真は京都市役所)

中小企業やスタートアップ向けの補助事業も拡充する。中小企業のIT化を支援するために3億6千万円、スタートアップによる新型コロナの課題解決の事業の補助に1億円をそれぞれ計上する。いずれの補助事業も7月までに当初の予算額を大幅に超える申請があったため増額した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]