赤神諒「太陽の門」(206)

赤神諒「太陽の門」
2020/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

リックは石灰岩の岩棚の前で立ち止まると、雑嚢(ざつのう)から三インチほどの赤ソーセージを取り出した。煙草(タバコ)では空腹感をごまかせそうになかった。

待つほどに、ミゲルが肩で息をしながら現れ、棚状の石灰岩のベッドに仰向(あおむ)けに倒れ込んだ。岩場を越えた後は、山の中腹に向かって西へトラバースしていただけだ。ミゲルの健脚なら本来、問題ないはずだった。息遣いが明らかにおかしい。

「ミゲル。あんたの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]