混合ガスからほぼ100%水素 大分の新興企業が精製手法

2020/9/14 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

水素精製装置の研究開発スタートアップ、ハイドロネクスト(大分市)は不純物を多く含む混合ガスから、純度が限りなく100%に近い水素を1回の工程で取り出す手法を確立した。金属などの膜を用いる「透過膜分離方式」で実現しており、全国でも珍しいという。同社はこの技術を基に、小型の非常電源装置で使う発電用水素を供給できる小型精製装置を2年以内に実用化する方針だ。

混合ガスから水素を取り出す手法は現在「PSA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]