/

この記事は会員限定です

[FT]ソフトバンクGのアーム売却、英政府が介入を検討

[有料会員限定]
Financial Times

ソフトバンクグループが傘下の英半導体設計大手アームを米半導体大手エヌビディアに400億ドル(約4兆2千億円)で売却する計画に対し、英政府は雇用の維持や英ケンブリッジ本社の存続など、厳しい条件を課す方向だ。

デジタル・文化相のダウデン氏は2002年企業法に基づいてアーム売却に「待ったをかける」ことも検討している。そうなれば、競争・市場庁(CMA)が包括的な調査に入ることになる。

安全保障が調査の理由に

英国政府が買収案件に待ったをかけるのは、財務上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1628文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン