/

自民総裁に菅氏 16日に首相指名、早期解散に慎重

(更新)

自民党は14日投開票の総裁選で菅義偉官房長官(71)を第26代総裁に選出した。菅氏が岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)を破った。16日召集の臨時国会で安倍晋三首相(65)の後継となる首相に指名される。菅氏は麻生太郎副総理・財務相と二階俊博幹事長の再任を内定した。

菅氏が有効投票数534票の7割にあたる377票を獲得した。岸田氏は89票で2位、石破氏は68票で3位だった。

新総裁の任期は安倍首相の残りの任期である2021年9月までの1年間となる。16日の衆参両院での首相指名選挙を経て、同日中に自民、公明両党連立による新内閣が発足する。

菅氏は総裁就任後に党本部で開いた記者会見で、早期の衆院解散に慎重姿勢を示した。「専門家の見方が(感染について)完全に下火になってきたということでなければなかなか難しい。せっかく総裁に就任したのだから仕事をしたい」と述べた。

衆院議員の任期は21年10月に切れる。「コロナの収束と同時に経済を立て直すことが大事だ。収束したらすぐ(解散を)やるのかというと、そんなことでもない。全体をみながら判断したい」とも語った。

14日の総裁選は安倍首相の辞任表明を受け、8日に告示された。緊急時の規定に基づき党大会に代わる両院議員総会を都内のホテルで開いた。全国一斉の党員投票は省いて実施した。

自民党の新総裁が決まり、手を取り合って拍手に応える(左から)岸田、安倍、菅、石破の各氏(14日、東京都港区)

国会議員が1人1票、47都道府県連が各3票ずつ投じ、議員票394と地方票141の合計535票を争った。地方組織の大半が予備選を実施して投票先を決めた。国会議員票で棄権が1票あった。

菅氏は党内7派閥のうち細田派、麻生派、竹下派、二階派、石原派の5派閥の支持を受け、議員票で圧勝した。地方票でも菅氏が6割を占めた。

秋田県出身の初の総裁となる。衆院議員を父に持たない非世襲の議員が自民党総裁に就任するのは00年の森喜朗氏以来、20年ぶり。09年に古賀派(現岸田派)を抜け無派閥となった。無派閥議員の総裁就任は異例だ。

自民党総裁に選出され、起立する菅氏(14日、東京都港区)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン