/

この記事は会員限定です

ファーウェイ禁輸、日本企業に取引先との訴訟リスク

[有料会員限定]

米商務省が中国の華為技術(ファーウェイ)に課す規制が15日に実施され、米国の技術に関連する半導体製品の供給が全面的に止まる見通しだ。電子部品メーカーは製品がファーウェイの手に渡らないどうかの調査義務まで課せられる。サプライチェーンは広範囲に及び、電子部品でシェアの高い日本企業は取引先との訴訟リスクを抱えることになる。

米商務省は8月、米国外で米国の製造装置や設計ソフトにもとづいて製造し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン