菅新総裁が向き合う三国志 令和の自民党の権力構造
編集委員 清水真人

菅内閣発足
政治アカデメイア
清水 真人
コラム(政治)
政治
編集委員
2020/9/15 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総裁選で菅義偉を圧勝させた自民党。小選挙区中心の衆院選の下で権力は党首=首相に集中しがちだから、皆が勝ち馬に乗ろうとする「雪崩現象」は常だ。総主流派内は同床異夢で、菅がよって立つ権力構造は令和の三国志とも見まがう暗闘にきしむ。菅が主導権を確立するための切り札は、閣僚・党役員の人事権と、衆院選で国民の信任を求める解散権の2つに尽きる。

■たたき上げの「裏方同盟」

「もともと、私は横浜の市議会議員。生…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]