/

この記事は会員限定です

中国半導体、脱・米依存急ぐ 受託生産最大手SMIC

国産装置比率向上や調達多様化 先端品開発なお課題

[有料会員限定]

米政府が中国ハイテク企業への規制を強めるなか、半導体受託生産の中国最大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)が米国技術に頼らない生産体制の構築を急いでいる。中国製装置の使用比率を高め、米国以外の国の技術の採用も探る。先端半導体を手がけるにはなお時間がかかるが、米中摩擦は中国独自の半導体産業の形成を促している。

米と取引禁止へ

米商務省は米国の製造装置や設計ソフトを使って製造した半導体すべてについて、中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン