/

この記事は会員限定です

DC専用投信「運用効率」で5段階評価

[有料会員限定]

確定拠出年金(DC)の制度が拡充される。2022年には会社員が個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)に加入する条件が緩和されるほか、掛け金の拠出可能年齢も延長される。DCは自ら選んだ金融商品により運用資産額が変わる制度。特に投資信託の運用成績は加入者にとって大きな関心事だ。積み立て投資で使う前提でDC専用投信を「運用効率」の観点から評価してみた。

積み立て投資の運用効率を評価

投信の運用成績を評...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1422文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

投信調査隊では投資信託による資産運用に欠かせない情報やトレンドをQUICK資産運用研究所のプロが解説します。 投信の失敗しない選び方からリスクを分散する方法、つみたてNISAの使い方など投信を使った長期投資に役立つヒントが満載です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン