米同時テロから19年 コロナ禍で異例の追悼

2020/9/12 1:19 (2020/9/12 5:49更新)
保存
共有
印刷
その他

ニューヨークの世界貿易センタービルの跡地「グラウンド・ゼロ」の式典は、規模を縮小して開催された=ロイター

ニューヨークの世界貿易センタービルの跡地「グラウンド・ゼロ」の式典は、規模を縮小して開催された=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】日本人24人を含む約3000人が犠牲になった2001年9月の米同時テロから19年を迎えた11日、ニューヨークをはじめ各地で追悼式典が開かれた。新型コロナウイルスの流行が続くなか、今年は規模を縮小したり、一部をオンラインに切り替えたりするなど異例の形での追悼となった。

ハイジャックされた2機の旅客機が突っ込み倒壊したニューヨークの世界貿易センタービルの跡地「グラウンド・ゼロ」での式典は、規模を縮小して開催した。参加者は原則として犠牲者の遺族に限られ、マスク着用とソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保が求められた。

式典では旅客機が激突した時刻などに合わせて参加者が黙とうをささげた。例年は、犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑の近くに遺族らが集まり、犠牲者一人一人の名前を読み上げる。今年は感染拡大防止のため、遺族による名前読み上げを事前に収録し、現地で放送した。式典にはペンス副大統領や民主党のバイデン前副大統領、ニューヨーク州のクオモ知事らが出席した。

2001年の米同時テロで世界貿易センタービルは倒壊した=AP

2001年の米同時テロで世界貿易センタービルは倒壊した=AP

別の1機が墜落したペンシルベニア州シャンクスビルでも式典を開き、トランプ大統領が出席した。トランプ氏は「アメリカが一国として団結し、自由や価値観を守り、隣人や国を愛し、地域社会を大切にし、英雄を尊重することを決して忘れないと決意する」と述べた。

また、別の1機が突っ込み、職員ら184人が死亡した首都ワシントン郊外の国防総省でも追悼式典を開催。例年より出席者を絞り、主にビデオ中継を通じて行われた。

米同時テロは国際テロ組織「アルカイダ」が起こした。同組織をかくまったアフガニスタンの反政府武装勢力タリバンへの攻撃という形で、01年にアフガニスタン戦争が始まった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]