コモディティーに異変アリ 商品価格が映す新常態

学ぶ
2020/9/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

商品相場で、かつてなかったような値動きが頻発している。映し出されるのは、コロナ禍で変貌した消費行動や市場心理の「新常態」だ。背景を読み解けば、景気の先行きを探るヒントや次の投資アイデアが見えてくる。

金=先行き不安で高騰 白金=自動車向け冷え込む

8月、ドル建ての金先物価格は、ニューヨーク市場で1トロイオンス2089.2ドルと史上最高値を付けた。国内の小売価格(税抜きベース)も1980年の最高値を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]