/

この記事は会員限定です

TikTok、米中の技術分断を象徴 売却交渉の先行き混沌

(更新) [有料会員限定]

スマートフォンの動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を巡り米中が対立を深めている。トランプ米政権が中国の運営企業に米事業売却を迫る一方、中国当局は同国が強みを持つ人工知能(AI)の「禁輸」をちらつかせて対抗に動く。新興の若者向けアプリを舞台に、米中テクノロジーの分断が進む。

「我が国における事業閉鎖か売却の2つに1つだ。期限を延長するつもりはない」。トランプ大統領は10日、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1786文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン