/

オリパラ競技の外国籍プロ選手 特例で入国容認へ

五輪マークのモニュメント(東京都新宿区)

新型コロナウイルスの感染拡大予防を理由にほぼ全世界からの外国人の入国拒否が続く中、政府が東京五輪・パラリンピックの実施競技のプロスポーツ選手に限り、特例で日本への入国を認めたことが11日、分かった。

来夏の東京大会を控え、各競技の外国籍選手が国内リーグなどでプレーすることが日本人選手の競技力向上につながり、公益性に資すると判断した。現在、日本でプレーできるのは、感染拡大以前に在留資格を取得したプロ野球やJリーグなどの外国人選手に限られている。外国人選手が自由に入国できるようになれば、各競技の国際大会を日本国内で開催しやすくなり、開催が危ぶまれている東京大会の後押しにもなりうる。

スポーツ庁が同日までにプロ野球やJリーグ、バスケットボール男子のBリーグ、バレーボールVリーグ、ラグビートップリーグ、卓球Tリーグ、日本ゴルフツアー機構などの対象団体に通知した。

各リーグの所属チームや大会主催者が、該当する選手の入国前後のPCR検査陰性を確認することや、入国後に2週間の自主待機を守るといった誓約書を同庁に提出することが条件になる。手続きが順調に進めば、一部の選手は9月中に入国できるという。

8月時点でBリーグで約70人、Vリーグ(男女)で約40人の契約済みの選手やコーチの入国が認められていなかった。10月に開幕を控える両リーグなどからはチーム編成に大きな影響が出るとして、改善を求める声が上がっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン