/

この記事は会員限定です

京セラ、生産の無人ライン 国内の全16工場に

[有料会員限定]

京セラは電子部品などを生産する国内の全16工場でロボットを活用した無人ラインを一部導入する。ロボット同士の連携や自動メンテナンスなど完全無人ラインを検討していく。国内のサプライチェーン(供給網)維持に向け、人手不足と生産効率の改善を目指す。

2018年夏に滋賀蒲生工場で電線部品のラインに、19年までに鹿児島県内の液晶装置などに使うセラミック部品製造の2工場の一部に無人化ラインを導入した。効果を検証し、全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り566文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン