/

前回の総裁選は?

自民党総裁選ドキュメント

2018年の総裁選は安倍首相が3選を果たした

前回の総裁選は2018年9月に実施された。安倍晋三首相(総裁)が石破茂元幹事長を破って3選を果たした。石破氏は党員・党友による地方票の45%を得て善戦し、党内にくすぶる安倍氏への不満も垣間見えた。

安倍首相が総裁に返り咲いたのは12年総裁選。その後の政権交代と首相再登板につながった。だが総裁選の1回目投票は石破氏が安倍氏を上回り、決選投票での逆転勝利だった。

予想を翻したのが01年の総裁選だ。小泉純一郎氏が「自民党をぶっ壊す」と叫び、国民人気を集めて勝利した。再登板を狙った橋本龍太郎元首相は敗れ、派閥政治の終焉(しゅうえん)につながった。

総裁選の歴史は自民党政治の権力闘争を映す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン