/

政党トップ、なぜ「総裁」と呼ぶのか?

自民党総裁選ドキュメント

自民党総裁の椅子

自民党が結党以来、使っている「総裁」が初めて歴史に登場したのは幕末の1862年、天皇の命令で誕生した「政事総裁職」が始まりだ。就任したのは前福井藩主・松平慶永(春嶽)。このとき将軍後見職、京都守護職という役職も置かれ、それぞれ一橋家当主・徳川慶喜と会津藩主・松平容保が就いた。政局の混乱を打開するため、将軍家一門の大物を幕府の最高職に配した。

最後の将軍となった徳川慶喜は幕政改革で陸軍総裁、海軍総裁、外国事務総裁など総裁職を乱発するが、大政奉還により江戸幕府は幕を閉じる。

代わって誕生した維新政府は「総裁・議定・参与」の三職を置き、天皇中心の新国家樹立をめざした。なかでも総裁は最高職で「万機を総(す)べ、一切の事務を裁決す」として政治全般を統括した。これが契機となって、多くの政府機関や公的組織が総裁を採用するようになる。現在の日本銀行や人事院などはその名残だ。

政党トップとしての総裁の始まりは、初代首相・伊藤博文が中心となって1900年に立ち上げた立憲政友会。日本の保守政党の源流であり、現在の自民党も大きくみれば政友会の系譜に連なる。初代総裁には伊藤自身が就いた。

政友会以降、多くの保守政党のトップが総裁を名乗った。これらの出身者が戦後に立ち上げたのが日本自由党と日本民主党で、55年の保守合同を経て自由民主党となる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン