家賃支援給付金の給付、申請の4分の1

2020/9/11 18:56
保存
共有
印刷
その他

政府が新型コロナウイルス対策で始めた飲食店など向けの家賃支援給付金の支給実績が10日時点で11.6万件となった。経済産業省が11日発表した。申請があった45.5万件の4分の1にとどまり、遅れが目立つ。確認書類の多さなどが足かせとなっている。

これまでに給付した金額は990億円。2兆円強の予算の5%程度だ。経産省は現在約5千人の審査担当者を10月から6千人に増やし、対応を急ぐ。

家賃支援給付金は休業や客数の減少で資金繰りが厳しくなっている中小企業などのテナント賃料を補助する。2020年度第2次補正予算に2兆242億円を計上し、7月14日に受け付けを始めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]