よみがえれ新潟の伝統野菜 研究会の小田切文朗会長
多彩人財

2020/9/14 12:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟はコメの一大産地だが、実は「新潟固有の在来作物はナスが最も多い」。こう話すのは新潟県の伝統的な野菜や果物など在来作物の研究会で会長を務める小田切文朗さんだ。ナスは20種類と全国最多で、逆に固有品種として昭和初期から伝わってきたコメはないという。知られざる在来作物の魅力を講演や食育活動で発信している。

新潟県はナスの作付面積が全国1位。真っ白な「越後白なす」や細長い「鷲ノ木鉛筆」、緑色の「笹神…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]