/

この記事は会員限定です

よみがえれ新潟の伝統野菜 研究会の小田切文朗会長

多彩人財

[有料会員限定]

新潟はコメの一大産地だが、実は「新潟固有の在来作物はナスが最も多い」。こう話すのは新潟県の伝統的な野菜や果物など在来作物の研究会で会長を務める小田切文朗さんだ。ナスは20種類と全国最多で、逆に固有品種として昭和初期から伝わってきたコメはないという。知られざる在来作物の魅力を講演や食育活動で発信している。

新潟県はナスの作付面積が全国1位。真っ白な「越後白なす」や細長い「鷲ノ木鉛筆」、緑色の「笹神な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン