/

福島大学、沿岸部に大学院の一部移転

国が福島県沿岸部で計画する国際教育研究拠点に絡み、福島大学は大学院の一部機能を同拠点内か周辺に移設する構想を示した。農林水産分野を研究の中心に据え、地域住民との協働も掲げる。2024年度が予定される同拠点の本格開所と同時期の開所を目指す。

沿岸部に「浜通りキャンパス」を新設。同拠点の研究分野と歩調を合わせ、ロボットや原子力発電所の廃炉、防災・減災など幅広い分野を手掛けたい考えだ。国は同拠点の設置場所を含めた計画の具体案を20年内にまとめる方針。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン