/

この記事は会員限定です

コンマ数ミリ、蘇生する音 ジャズギタリスト支える工房

匠と巧

[有料会員限定]

日本のジャズ発祥の地といわれる神戸。1970年代に若者の間で黒人音楽が人気となった京都。そんな土地柄からか、関西を拠点に活動するジャズミュージシャンは少なくない。大阪府摂津市で四半世紀にわたってギター工房を営む伊藤邦雄さん(65)は、関西で活動するジャズギタリストを楽器修理やメンテナンスで支える存在だ。

阪急京都線・摂津市駅から線路沿いを歩く。倉庫を改造した古い建物が、伊藤さんが営む「ギターワーク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン