/

この記事は会員限定です

岡野バルブが原発廃炉 まず福島第1で

[有料会員限定]

原子力発電所向けバルブ大手の岡野バルブ製造は、原発の廃炉事業に参入する。北九州市の建設会社と組み、まずは東京電力福島第1原発での配管の取り外し作業などを請け負うことを目指す。岡野バルブは原発の冷却システムを動かすポンプ用バルブのトップメーカーで、福島原発での保守作業実績も豊富。作業者の放射線量管理にも慣れている点を訴えて受注を狙う。

岡野バルブは廃炉関連工事を受注できるよう特定建設業の「とび・土工工事業」の許可...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン