/

この記事は会員限定です

「菅首相」が日銀に望む3K 物価2%より重視か

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

いよいよ16日、安倍晋三首相の後継が決まる。次の首相は自民党総裁選挙で優勢を維持している菅義偉氏(現官房長官)だという見方で、市場参加者は一致しているといっていいだろう。

では、「菅首相」は経済政策でどんな出方をするのか。マーケットの一部にこんな見方もある。「金融政策を重視する姿勢は安倍首相より弱く、日銀が徐々に異次元金融緩和政策の修正に向かいやすくなる可能性もあるのではないか」。だが、安倍政権下で菅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1292文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン