男性用スキンケアのバルクオム、15億円調達

2020/9/11 17:20
保存
共有
印刷
その他

男性用スキンケアブランドを手がけるバルクオム(東京・港)は第三者割当増資と融資で総額15億円を調達した。ニッセイ・キャピタルや丸井グループなどが引き受けた。

バルクオムは2017年から海外展開を始め、中国や韓国、台湾に進出。3月には英国やフランスの百貨店で主力商品を売り出した。調達した資金を活用し、海外展開を促進する。

バルクオムは自社のオンラインストアのほか、国内では全国1000店舗以上の小売店などを販路に持つ。使い心地の良さだけでなくデザイン性の高いパッケージで人気を高めている。同社の野口卓也代表は「グローバルブランドになるべく力を入れる」としている。

男性向けに特化したスキンケアブランドは世界的にみても珍しく、市場もニッチな領域だが着実に成長している。調査会社の富士経済(東京・中央)によれば19年の男性用スキンケア市場は前年比5.3%増の257億円となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]