近鉄、遅い特急で新幹線に挑む 「ひのとり」開発秘話

2020/9/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

近畿日本鉄道に3月、新たな列車が仲間入りした。大阪・難波と名古屋市を結ぶ特急「ひのとり」だ。メタリックレッドの高級感ある車体や、体を包み込みながら大きく倒れるリクライニングシートなどの快適装備で人気を集める。開発に7年近くをかけ、ほぼ同じ区間を走っている東海道新幹線に勝負を挑む。

ひのとりのプロジェクトチームは2013年12月に発足した。伊勢神宮の式年遷宮に合わせて同年3月に大阪・京都・名古屋と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]