岸見一郎氏「リーダーは部下を叱るのをやめよう」
岸見一郎「ほめるのをやめよう」(第1回)

スキルアップ
コラム(ビジネス)
2020/10/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 『嫌われる勇気』の著者である、哲学者の岸見一郎氏。リーダーシップを初めて論じた新刊『ほめるのをやめよう - リーダーシップの誤解』(日経BP)では、「脱カリスマのリーダーシップ」を提唱する。上司であることに自信がない人こそ、よきリーダーになれる。そのために、叱るのをやめ、ほめるのもやめ、部下を勇気づけようというものだ。この連載では著書から一部を抜粋し、すぐに実践できるよう、分かりやすく解説する。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]