9/25 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 住友不動産、「丸の内」に劣らぬビル賃貸の稼ぐ力[有料会員限定]
  2. 2位: 企業統治の根幹に疑義 議決権不適切集計[有料会員限定]
  3. 3位: NYダウ小反発52ドル高 ハイテク株上昇、景気懸念は重荷
  4. 4位: 米住宅市場はバブルか(NY特急便)[有料会員限定]
  5. 5位: 金融庁総合政策局長「顧客本位の業務運営、定着道半ば」[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,187,183億円
  • 東証2部 67,337億円
  • ジャスダック 96,720億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.54倍24.75倍
株式益回り5.11%4.04%
配当利回り1.94% 1.72%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,252.41 +164.59
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,100 +180

[PR]

スクランブル

フォローする

日本株、ハイテクの夏から「業績」の秋へ
証券部 鈴木孝太朗

2020/9/11 17:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場では9月に入ってハイテク成長株の調整色が濃くなるとともに、投資家の物色テーマが「業績」に移りつつある。4~6月期決算が一巡して約1カ月。業績をめぐる材料が出にくい中で、今週はアナリストによる投資判断の引き上げをきっかけに買われる景気敏感株が目立った。ハイテク過熱の夏が過ぎ、業績回帰の秋に実りはあるだろうか。

三井化学の株価が11日、一時24円(1%)高の2723円まで上げ、約7カ月ぶりに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム