/

この記事は会員限定です

バフェット氏を知る経営者、商社株取得の心を読む

編集委員 藤田和明

[有料会員限定]

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が、日本の大手商社5社の株式を5%ずつ保有した。割安株を長期保有することで巨富を築いた同氏の目に、日本はどう映っているとみるべきか。彼を直接知るタンガロイ社長の木下聡氏とスパークス・グループ社長の阿部修平氏に、「バフェット流の現在地」を聞く。

タンガロイ・木下聡社長

「日本は変化できるとみている」

──2011年秋にバフェット氏が福島県いわき市の新工場の式典を訪れた。そのときの印象は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2305文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン