規制委「次の審査会合で結論」、泊原発の断層調査

環境エネ・素材
北海道
2020/9/11 16:53
保存
共有
印刷
その他

原子力規制委員会は10~11日、北海道電力の泊原子力発電所(北海道泊村)を現地調査した。敷地内を通る「F-1」断層が地震発生源になる活断層かどうかが焦点になっている。石渡明委員は調査終了後の記者会見で「次の審査会合で結論が出せると期待している」と語った。

泊原発の現地調査は2019年11月以来。原発の新規制基準では12万~13万年前より後に活動した可能性がある断層を活断層とみなす。北電はF-1と…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]