/

富士通、富フロンテクのTOB期間を延長 9月29日まで

富士通は11日、連結子会社の富士通フロンテック株に対して実施しているTOB(株式公開買い付け)の期間を延長すると発表した。従来は9月14日までとしていたが、29日まで延長する。

富士通の役員など特別関係者の所有する議決権数を精査したところ、7月30日のTOB発表時と異なることが判明。TOBの提示書類の内容の一部を訂正する必要があり、法令に基づき買い付け期間を延ばす。

富士通は富フロンテクの全株を取得し、完全子会社化を目指している。富フロンテクはTOBに賛同しており、現時点では見通し通りの応募が集まっているという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン