/

Amazon、日本で物流投資 倉庫面積は大手専業並みに

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞
アマゾンが8月26日に開設した埼玉県久喜市の物流施設

アマゾンジャパン(東京・目黒)は10月までに東京都、埼玉県の4カ所で物流施設を開く。「フルフィルメントセンター(FC)」と呼ぶ主要な物流施設を一気に21カ所に拡充する。規模が非公表の施設を除いて推計すると、延べ床面積は計125万平方メートルと、三菱倉庫など倉庫大手を上回る。物流能力で楽天やヤフーなど、競合を大きく引き離しつつある。

8月26日に開設した久喜FC(埼玉県久喜市)をはじめ、新設4拠点の床面積は計35万平方メートルと東京ドーム7.5個分だ。総面積は19年比で4割増え、三井倉庫(面積140万平方メートル)や三菱倉庫(同97万平方メートル)など倉庫専業の大手企業と肩を並べる。

コロナ禍でネット通販の利用は急増している。電子商取引(EC)大手では楽天が自社物流の増強に力を入れるが、全国7拠点にとどまる。Zホールディングス傘下のヤフーは自社で物流拠点を持たない戦略をとる。

「日本では2019年だけで6千億円超を投資した」。8月中旬、オンラインイベントでジャスパー・チャン社長がアマゾンとしては珍しく、物流やデータセンターなどを含む国内投資額を明らかにした。過去10年平均の約2倍の水準だ。楽天の19年12月期の設備投資額は携帯基地局など含め1635億円。アマゾンの資金力はずぬけている。

アマゾンジャパン ジャスパー・チャン社長は「19年に6000億円超を日本に投資した」と語った。

日本の売上高は19年で1兆7443億円と前年から14%増えた。ネット通販の需要増に対応し、20年の投資はさらに増える可能性もある。物流力でもアマゾンの存在感が大きくなりそうだ。

(企業報道部 伴正春)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン