新型コロナ対策、研究開発の「プランB」を
科学記者の目 編集委員 安藤淳

安藤 淳
コラム(テクノロジー)
編集委員
2020/9/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症のワクチン開発が加速し、ロシアや中国では承認を取得して一部の人に接種を始めたものもある。米トランプ大統領も年内の実用化を公言する。だが、ワクチンは思ったほど効かないかもしれないし、世界中の人が接種できるだけの量もない。薬やワクチンの普及が遅れる前提で、感染の脅威を減らせる技術をそろえておく。そんな「プランB」があってもいい。

コロナ対策で活躍が期待される先端技術といえば、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]