台湾の中国離れ加速 「FTA」10年 米協定に傾斜

米中衝突
中国・台湾
2020/9/11 13:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=中村裕、北京=川手伊織】中国と台湾が関税をなくし、経済一体化をめざした経済協力枠組み協定(ECFA)の発効から12日で10年を迎える。中国は成果を強調するが、台湾は「ECFAは統一工作の道具」と警戒する。台湾は今後、米国と自由貿易協定(FTA)をむすび、中国離れを急ぐかまえだ。

「ECFAは多くの台湾企業に利益をもたらしてきたが、絶えず(政権与党の)民進党が言いがかりをつけ中台の交流を妨…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]