/

インフル予防接種 高齢者以外10月26日から、厚労相

(更新)

加藤勝信厚生労働相は11日の閣議後の記者会見で、インフルエンザワクチンについて65歳以上の高齢者など定期接種の対象者は10月1日から、それ以外は10月26日から接種を受けられると発表した。新型コロナウイルスとの同時流行に備え、接種希望者が増える見込みで、高齢者ら必要な人に行き渡るよう配慮した。

定期接種の対象は65歳以上の高齢者や60歳以上で心臓や呼吸器などの機能に障害がある人。公費で費用補助が受けられる。10月26日以降は誰でも接種可能だが、厚労省は医療従事者や持病のある人、妊婦、生後6カ月~小学2年の子どもを優先するよう協力を求めている。

今冬のインフルワクチンの供給量は成人換算で約6300万人分(3178万本)と4種類のウイルスに対応するようになった2015年度以降で最大の供給量となる。加藤厚労相は「必要な人がしっかり接種できるよう協力をお願いしたい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン