FCA、頭痛の種の「至宝」マセラティ再建急ぐ
PSAとの統合の成否握る

2020/9/11 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が仏グループPSAとの統合を前に、課題事業の立て直しを急いでいる。不振の高級車ブランド「マセラティ」のラインアップを大幅に刷新し、10以上のブランドを抱える統合新会社の最上位ブランドとしての地位を託す。再建の行方はPSAとの「対等」合併の成否も握る。

「この1年半は象徴的なブランドの文字通りの再建だった。ほとんどすべての部分に手を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]