/

広島高裁長官に小川氏を起用 高松高裁は高部氏

政府は11日の閣議で、大門匡広島高裁長官が10月18日、秋葉康弘高松高裁長官が同11日にそれぞれ定年退官するのに伴い、小川秀樹東京高裁部総括判事と高部真規子知的財産高裁所長を高裁長官に任命することを決めた。これを受けて最高裁は、小川氏を広島高裁長官に、高部氏を高松高裁長官にそれぞれ充てる人事を決めた。いずれも10月19日以降に発令する。

小川 秀樹氏(おがわ・ひでき)83年(昭58年)東大法卒、85年判事補。千葉地裁所長、19年3月東京高裁部総括判事。神奈川県出身。63歳。

高部 真規子氏(たかべ・まきこ)79年(昭54年)東大法卒、81年判事補。知的財産高裁部総括判事、18年5月同所長。島根県出身。64歳。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン