/

トランプ氏、15日のTikTok売却期限「延長せず」

トランプ政権はTikTok(ティックトック)を問題視している=ロイター

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は10日、中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の売却交渉を巡り「期限は延長しない」と述べ、15日までの妥結を改めて求めた。中国政府の介入で不透明感が漂うなか、早期決着へ圧力をかけた。

記者団に「閉鎖するか売却するかだ」と強調し、中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)に15日までの米国事業売却を改めて促した。トランプ氏は売却交渉がまとまらなければ米国企業との取引を禁じる方針で、大統領令に署名している。

ティックトックの買収にはマイクロソフトやオラクルなどの米国企業が名乗りを上げている。中国政府が8月下旬に人工知能(AI)技術の輸出規制を発表し、売却手続きが長引くとの見方も出ている。トランプ氏は、新規制の導入で揺さぶりをかける中国をけん制した格好で、米中の駆け引きが激しくなっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン