/

この記事は会員限定です

西洋近世美術が描いたアジア 大航海時代の出合い

美術史家 幸福輝

[有料会員限定]

大航海とイエズス会。ルネサンスからバロックへの移行期に、ヨーロッパはアジアに向かいました。最初のグローバリズムに揺れた西洋近世美術のアジア・イメージについて、美術史家の幸福輝氏が解説します。

描かれたアジア(1) ヤン・ファン・デル・ヘイデン「珍品のある部屋」

描かれたアジア(2) A・シュヴァインベルガー、N・プファッフ「ココ・ド・メールの杯」

描かれたアジア(3) ウィレム・カルフ「中国の鉢とオウム貝の杯」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン