米でIPOラッシュ コロナ対応支える「縁の下企業」続々
1~8月145件、大統領選前に駆け込みも

2020/9/11 1:23 (2020/9/11 5:30更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米国で新規株式公開(IPO)の機運が急回復している。新型コロナウイルスが広がった春先に激減した申請件数は8月に29社に急増。1月からの累計でも前年を上回った。中核はコロナが迫る社会変革やIT活用を縁の下で支えるユニコーン企業だ。大統領選を前に秋のIPOラッシュが始まる。

米IPO調査会社、ルネサンス・キャピタルのデータを分析した。同社によると、特別買収目的会社(SPA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]