/

米老舗衣料センチュリー21が経営破綻 高級品を格安販売

(更新)

【ニューヨーク=河内真帆】米ディスカウント衣料品大手のセンチュリー21・デパートメント・ストアーズが10日、連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請し経営破綻した。ブランド品を割安で販売する店舗は日本人観光客にも人気だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化していた。

ニューヨークやニュージャージー州などで運営する13店全店を閉鎖する。新型コロナによる店舗閉鎖もあり財務状況が悪化し運転資金が枯渇した。同社は声明で、新型コロナの損失に対する保険金1億7500万ドル(約185億円)が支払われなかったことが経営破綻を招いたと保険会社を非難した。

1961年に創業した同社は、在庫放出やシーズン遅れ、傷ありなど正規の価格では販売できない商品を半額以下で販売する「オフプライスストア」として拡大。高級デザイナー衣料やアクセサリーの掘り出し物などがあり「ニューヨークの最高の秘密」と呼ばれていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン