8月の米卸売物価、前月比0.3%上昇

2020/9/10 23:33
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米労働省が10日発表した8月の卸売物価指数(最終需要向け製品およびサービス、2009年11月=100)は、季節調整済み前月比で0.3%上昇した。2カ月連続の上昇でダウ・ジョーンズまとめの市場予測(0.2%程度の上昇)を上回った。前年同月比では0.2%低下した。

8月は輸送サービス価格が上昇した(米物流大手の航空機)=ロイター

サービス価格が前月比0.5%上昇し全体を押し上げた。卸売業者などが受け取るマージンが高まったほか、輸送サービスなども上昇した。製品価格も0.1%上昇した。食品とエネルギーは下落したが、これらを除く製品が0.3%上昇した。

全体から変動の激しいエネルギーと食品を除いたコア指数は前月比0.4%、前年同月比0.6%上昇した。

ウェルズ・ファーゴ証券のエコノミストは「コロナ危機関連の価格変動は元に戻ってきたものの、物価上昇の基調は当面弱い」との見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]