プロ野球

打撃戦、阪神サンズの一発で決着

2020/9/10 23:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

終わってみれば、走者が出ずに終わった攻撃は両軍合わせて僅か4度。常に塁上がにぎわい、流れが行ったり来たりする打ち合いにケリをつけたのは、阪神の4番・サンズの一発だった。

逆転された直後の七回1死一塁。カウントを取りにきたDeNA・国吉の初球を狙っていた。真ん中付近にきたカットボールを迷いなく一振り。打った瞬間に柵越えを確信する会心の逆転2ランに「甘く入ってきたボールをしっかり仕留めることができた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

福留孝介外野手=共同

 プロ野球阪神は、日米通算2407安打を誇る福留孝介外野手(43)について、来季の戦力構想外を検討していることが21日、関係者への取材で分かった。現役最年長で、プロ22年目の今季は出場43試合にとどま …続き (11:55)

 阪神戦に先発した広島・九里=共同

 9月28日のDeNA戦で完封勝利。そして、前回10月13日の巨人戦で菅野に投げ勝ち、開幕からの連勝を13で止めた。最近、急上昇中の広島・九里がこの日も阪神打線を相手に、あと一歩で完封という快投をみせ …続き (20日 23:46)

日本ハム戦に先発したソフトバンク・笠谷(20日、札幌ドーム)=共同

【ソフトバンク11―2日本ハム】ソフトバンクが圧倒して今季初の9連勝。三回にグラシアルの2点二塁打で先制し、五回は松田宣の …続き (20日 22:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]