/

この記事は会員限定です

打撃戦、阪神サンズの一発で決着

[有料会員限定]

終わってみれば、走者が出ずに終わった攻撃は両軍合わせて僅か4度。常に塁上がにぎわい、流れが行ったり来たりする打ち合いにケリをつけたのは、阪神の4番・サンズの一発だった。

逆転された直後の七回1死一塁。カウントを取りにきたDeNA・国吉の初球を狙っていた。真ん中付近にきたカットボールを迷いなく一振り。打った瞬間に柵越えを確信する会心の逆転2ランに「甘く入ってきたボールをしっかり仕留めることができた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り346文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン