スポーツ > 相撲 > 記事

相撲

三つどもえ大関昇進レース 13日から大相撲秋場所

2020/9/10 20:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大相撲秋場所(両国国技館)は13日に初日を迎える。関脇には正代、御嶽海、大栄翔の3人が座り、大関経験者がいない3関脇は2011年秋場所(琴奨菊、稀勢の里、鶴竜)以来だ。当時の3関脇は後に大関以上に上がっており、今場所の3人も期待は高まる。

3場所連続で関脇に就く28歳の正代は昨年九州場所から勝ち越しを続け、初場所と7月場所では優勝争いに加わっている。立ち合いの圧力が高まり、粘り強さにも磨きがかか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲11月場所をともに途中休場した正代、朝乃山の両大関が30日、報道陣の電話取材に応じ、初めてかど番で迎える初場所(来年1月10日初日・両国国技館)への意欲を語った。
新大関場所で左足首を負傷した正代 …続き (11/30)

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)に「注意」を決議された横綱鶴竜の師匠、陸奥親方(元大関霧島)は26日、部屋の稽古が再開する来週に鶴竜と今後の稽古方針などについて話し合う意向を明かした。「 …続き (11/26)

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、12月に高砂親方(元大関朝潮)が定年を迎えることに伴い、部屋付きの錦島親方(39)=元関脇朝赤龍、本名バダルチ・ダシニャム、モンゴル出身=が年寄「 …続き (11/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]