/

この記事は会員限定です

海外人材誘致、税優遇を要望 金融庁

[有料会員限定]

金融庁は海外の金融機関や人材を呼び込むため、法人税や相続税の負担軽減を財務省と与党に求める。日本は税金の高さが参入障壁と指摘されてきた。アジアの主要な金融都市である香港が政情不安で揺れるなか、日本市場の魅力を高める。

金融庁は海外の投資家を対象に事業展開する投資ファンドの受け入れを拡大するため、通常よりも簡単に事業登録の手続きができる特例を設ける検討に入った。書類の手続きから監督まで英語で対応でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り519文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン