/

茨城大、29日から対面授業 教室の人数5~7割少なく

茨城大学は29日に始まる後期授業で対面の授業を再開する。4月30日からの前期では原則として全てオンライン授業としたが、不安や悩みを抱える学生も多かったという。新型コロナウイルスの感染対策と学生同士がコミュニケーションできる環境の両立を図る。

対面授業再開後もソーシャルディスタンス確保などを呼びかける(水戸キャンパスの図書館)

教室に入る人数は定員より5~7割少なく抑える。曜日などを分散して授業での「3密」を避けるほか、教員がキャンパス間を移動する科目などは可能な限りオンライン授業とする。同大学は学生が自分のパソコンなどを持参することを推進しており、双方向性を生かした授業を進める。

キャンパスでのサークル活動に関する方針は現時点で未定としている。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン